歯周病予防

歯周病とは

歯周病と聞いて、「自分は関係ない」と感じている方が多くいますが、日本人の80%が歯周病にかかっているとされています。歯を失う原因では、むし歯によるものを越して、歯周病が一番の原因となっています。

歯周病は歯茎など、歯の周りにある組織が歯周病菌に感染することで起こる感染症の一種ですが、一度かかってしまうとなかなか簡単には治りません。歯周病にかかると、初期の頃は特にこれといった自覚症状はありませんが、次第に歯茎が腫れたり、ブラッシング時に出血したりするなど、様々な症状が現れます。症状が進行すると、歯茎が下がって歯が長くなったように見えてきます。そして、最終的には膿が出たり、歯がぐらぐらしたりするようになり、そのまま放置して治療せずにいると歯が抜けてしまう場合があります。

歯周病は自覚症状のないまま、どんどんと進行していきますので、日頃からケアしておくことが大切です。特に、歯周ポケットに歯周病菌の巣ができるので、歯と歯茎の境目を力を入れ過ぎず丁寧に磨くことが大切です。また、歯ブラシだけでは取りきれない汚れが付着する場合もありますので、ご自宅での日々のケアに加え、定期的に歯科医院でプロによるケアを受けられることをおすすめします。

歯周病の予防

歯周病は歯周病菌が原因となって起こりますが、歯周病菌は歯垢(プラーク)内に多く潜んでいます。そのため、歯周病を予防するには歯周病菌の巣となっている歯垢を取り除く必要があります。

ご自宅での予防

歯周病の原因となる歯垢の除去には、日々のブラッシングを丁寧に行うことが効果的です。しかし、毎日歯を磨いていても、力を入れてゴシゴシ磨いていては歯茎を痛めてしまう上に、磨き残しを作ってしまうことになります。磨き残しなどで落としきれなかった歯垢は、時間の経過とともに固まって歯石へと変わってしまい、歯ブラシでは落とせなくなってしまいます。そのため、ご自宅でのケアとしては、正しいブラッシング方法で丁寧に時間をかけて磨くことが大切です。当院でブラッシング方法の指導も行っていますので、「歯磨きに自信がない」という方や、「歯周病を予防したい」という方は、お気軽にご相談ください。

歯科医院でのケア

ご自身でどんなに頑張って歯を磨いても、磨き残しは少なからずあるものです。この磨き残した歯垢は、時間の経過とともに固まって歯石へと変わります。一度歯石に変わってしまうと、歯ブラシなどでは簡単に落とせなくなってしまい、そのまま放置すると歯周病の大きな原因となります。なので、歯を歯周病から守るためには、定期的に歯科医院で歯石取りや歯のクリーニングなどの治療を受ける必要があります。

歯周病によくないこととは

喫煙

一般的にたばこを吸っている人は、吸わない人と比べて3倍歯周病にかかりやすく、歯を失う確率も2倍だという報告があります。また、喫煙本数と比例して歯周病が悪化するとも言われています。喫煙していると、歯にヤニなどの汚れが付きやすくなるだけでなく、血液の流れを悪くし、歯茎に栄養や酸素が運ばれにくくなります。このため、喫煙を続けていると歯周病の治療をしても思わしい結果が得られないことがあります。

お酒を飲んだまま寝る

むし歯や歯周病の予防として最も有効で大切なのが歯磨きということは一般に知られていて、毎食後、忘れずに歯磨きをしている方も多くいらっしゃると思います。しかし、飲み会などでお酒を飲んで、酔って帰宅した時でも、きちんと寝る前に歯磨きをしているでしょうか?眠くなって、そのまま歯磨きをせずに寝てしまったということはありませんか?「お酒はアルコールだから殺菌効果もあるし、一晩くらい歯を磨かなくても大丈夫」と考えていませんか?

アルコールはお米や麦、果実などを発酵させて作っているので、たくさんの糖分が含まれています。糖分がたくさん含まれたお酒を飲んで、お口の中を清潔にしないまま寝てしまうと、糖分が歯周病菌やむし歯菌の餌となり歯周病やむし歯の原因を作ってしまいます。また、唾液には自浄作用がありますが、就寝中は唾液の分泌が抑えられこの働きもなくなるので、お酒を飲んだ後でも歯磨きでお口の中を清潔にしておくことが必要です。

当院の歯周病治療

歯石取り

歯石は歯垢が固まったもので、歯周病菌の住み家になっています。そして歯石に付いている歯周病菌が歯茎に炎症を起こしたり、顎の骨(歯槽骨)を溶かしたりします。こうして顎の骨が溶け始めると、歯を顎の骨が支えられなくなり、ぐらぐらして抜け落ちてしまうこともあります。こうした状態にならないようにするためには、定期的に歯科医院で歯石を取り、歯周病の住み家を除去する必要があります。

「歯のクリーニング」料金の保険適用外について

歯石取りは、歯周病状態の歯茎の先に、保険適用されるものです。

一方で、歯周病状態にはまだなっていない歯茎の歯周病予防や歯の汚れ除去など審美を目的とした歯のクリーニングには、保険適用することが法律的に認められていません。

よって、歯周病検査により、歯周病と認められた歯茎の治癒を目的とする歯石取りは、従来通り保険適用となりますが、予防や審美を目的としたクリーニングの場合は、自由診療となります。

 

自由診療の歯のクリーニングについては、歯茎の治癒ではなく、歯の汚れを落とすことや予防に主眼をおいたホワイトエッセンス式クリーニングを当院では導入しています。施術方法や使用する器具も保険のクリーニングとは異なります。

「歯を綺麗にしたい」、「痛みや不快感の無いクリーニング」(「1度で汚れが取れるクリーニング」)を受けたいとご希望の方であれば、審美的仕上がり感や快適性について、大変ご満足いただけるかと思います。

 

歯周内科治療

歯石取りやクリーニングなど、歯科医院での歯周病治療に加え、自宅でも歯磨きを一生懸命しているのに歯茎の腫れや出血、口臭が収まらないというお悩みはありませんか?これまでは、症状が初期の場合は歯石取りやクリーニング・歯磨きなどで経過を観察し、重度の場合は外科的処置によって歯茎の奥にある歯周病の病巣を取るという手法が一般的でした。

しかし、外科的な処置では歯周病菌を全滅させることは難しく、患者さんへの負担も大きく他に持病を持っている場合などは処置を行えないこともありました。そこで当院では患者様の体への負担が少ない、お薬による歯周病治療を行っています。お薬による歯周病治療は通常の歯石取りやクリーニング、歯磨きなどに加えて行うことで「継続的に歯周病治療を受けているのになかなか効果が出ない」、「年齢のわりに歯周病の症状が重い」という方の場合、飛躍的に症状が改善されています。この歯周内科治療により、重症の方でも外科的処置を行わずに済み、結果、患者様の負担の軽減につながっています。

 

  • 院長ブログ
  • ホワイトエッセンス スタッフブログ
  • スタッフ募集
  • T-POINT
  • ホワイトエッセンス
  • デントキュア
  • 歯科JOB