入れ歯

合わない入れ歯で我慢していませんか?

「食事をすると小さな食べかすなどが挟まって痛い」「入れ歯が合わなくて話しにくい」「何度作り直しても、入れ歯が合わない」「入れ歯が外れやすい」など、入れ歯に関するお悩みをお持ちではありませんか?こうしたお悩みを放置しておくと、不快感やお口の悩みだけでなく、全身にも影響をおよぼす可能性があります。また、入れ歯が合っていれば食事を楽しんだり、お口の中の環境を理想的な状態に整えたりすることが可能です。


入れ歯が合わないという方は、現状を把握し、合わない原因を追究した上で、新しい入れ歯を作られることが最も大切です。当院では、入れ歯でお悩みの方を数多く診てきた歯科医師が「外れにくく噛みやすい入れ歯づくり」に取り組んでおりますので、どんな小さなことでもお気軽に東大阪・八戸ノ里の当院までご相談ください。

あわない入れ歯を使い続けるとどんな問題が起こるの?

合わない入れ歯を使い続けると、痛みや不快感だけでなく様々な問題が起こる可能性があります。具体的には、下記のような症状の原因になることがあります。

歯茎に負担がかかり、顎の骨が痩せる
ものがしっかりと噛めなくなり、消化能力の低下につながる
頭痛、胃痛、肩こりなどの症状が現れる
顔の筋肉が衰えて、老けてみえる
噛む力が弱くなる

入れ歯が合わないという問題は、放っておいて治るものではありませんので、最善だと考えられる方法で治療を受けることが大切です。


当院では治療前のカウンセリングと診断を大切にしていますので、入れ歯でお困りの方は一度お気軽にご相談ください。

痛みが少なく、外れにくい入れ歯

総入れ歯のうち、特に外れやすいとされているのが「下顎の入れ歯」です。しかし東大阪の当院では、歯茎によく吸着し、装着時の違和感の少ないものを提供しております。従来の方法では、入れ歯の吸着具合が患者様の顎の状態などに左右されることが多く、「安定的な入れ歯の提供」とは言えないような状態だったのですが、解剖学的な理論に基づいて型取りを行うことで、安定性の高い入れ歯の提供が可能となりました。
患者様の中には、「せっかく高いお金を出して入れ歯を作ったのに、外れたり痛みがあったりして使いにくい」とご不満の方もいらっしゃるかと思います。そうした方は、是非一度当院にご相談ください。従来の入れ歯とは異なる、「痛みが少なく、外れにくい入れ歯」を提供させて頂きます。

バネのない入れ歯

従来の入れ歯には、装置を安定させるために金属でできた維持装置(クラスプ=バネ)が必要でした。しかし、金属でできた維持装置があると、それが目立つことで口元の審美性を低下させるという問題がありました。ですが、バネのない入れ歯を使用することで、口元の審美性を低下させることなく、入れ歯を装着することができるようになります。また、バネのない入れ歯には、薄くて軽く、汚れや臭いがつきにくいなど様々な特長がありますので、これまで入れ歯ならではのお悩みを持っていた方にも、安心して利用して頂けます。そして、金属を使用していないので金属アレルギーの方でも安心してお使い頂けます。

バネのない入れ歯のメリット

クラスプの色が歯茎の色と同じなので、金属の暗さがなく審美的です
非常に高い強度弾力性を持った局部用樹脂です
柔軟な素材ですが、お口の中ではしっかりと歯茎に吸着します
残留モノマーなど、アレルギーの原因となる物質はありません
収縮・変形などによって適合状態が悪くなることはありません
洗浄後、乾燥した状態にしても形が変わることはありません
市販の義歯洗浄材を使っても問題ありません。

入れ歯の種類

シリコンデンチャー

よく引っ付く入れ歯を作製しても、歯茎の部分がプラスチックのため、入れ歯が噛むたびに動いてどうしても痛みが生じてしまう患者様がいます。その場合、歯茎の部分に生体シリコンを貼り付けます。この技術は以前からあったのですが、剥がれたり、変色したり、においが付いたりして、なかなか長期の使用には耐えられるものではありませんでした。しかし、近年の接着剤の開発により非常に良く引っ付くようになったのと、抗菌処理をすれば、においや変色やぬめりが気にならなくすることができるようになったため、当院では歯茎部分に生体シリコンを貼り付けた入れ歯「シリコンデンチャー」を自信を持っておすすめしています。


「シリコンデンチャー」の欠点は、シリコンが柔らかいので割れやすいのと、少し厚みが出ることですが、これも金属のフレームを入れたり、上顎には使用しないようにしたりすることで解消することができます。「入れ歯が痛い」とほとんど毎日のように来られていた患者様も、シリコンを貼り付けてからは、年に1回少し修正に来られる程度になりました。

 

【費用】 400,000円~

ノンクラスプデンチャー

クラスプを使用しない部分入れ歯です。金属色のクラスプがなく、さらに歯茎の色に近い樹脂を使って固定するので、装着しても装置が目立つようなことはありません。口元の審美性が気になる方などにおすすめです。金属を使用しないで、金属アレルギーの方でも安心してお使い頂けます。

 

【費用】 250,000円~

メリット
審美性が高い
ぐらつきや痛みなど、装着時の違和感が少ない
金属アレルギーの心配がない
デメリット
調整が難しいため、定期的に作り替えなければいけない場合がある

金属床入れ歯

入れ歯の床部分に金属を使用した入れ歯です。入れ歯を薄く作ることができるため、少ない違和感で装着可能です。また、金属を使用しているので耐久性や熱伝導に優れています。食事の際の温度を自然に感じたい方などにおすすめです。

 

【費用】 300,000円~

メリット
薄く作ることができるので、少ない違和感で装着することが可能
耐久性に優れている
食事の際の温度を自然に感じることができる
デメリット
顎の骨が痩せると、合わなくなる場合がある
床部分に使用する金属の種類によっては、金属アレルギーの原因となる場合がある
修理が難しい

マグネットデンチャー

磁力で装着する入れ歯です。入れ歯と、残っている歯に超小型磁石を取り付けることで、入れ歯を固定します。クラスプを使用しないので、口元の審美性を低下させる心配がありません。また、しっかりと入れ歯が固定されるので、少ない違和感で使用することができます。

 

【費用】 残存歯によって費用は変動します。お問合せください。

メリット
審美性が高い
入れ歯をしっかりと固定することができる
残っている歯を利用するので、噛み応えが良い
デメリット
磁石を取り付けた部分が破損しやすい

インプラントオーバーデンチャー

顎の骨に人工歯根(インプラント体)を埋入し、それを土台として装着する入れ歯です。入れ歯をしっかりと固定することができるので、がたつきや痛みなど、装着時の違和感を軽減することができます。また、噛む力が直接顎の骨に伝わるため、顎の骨の吸収を抑制することができます。

メリット
審美性が高い
入れ歯をしっかりと固定することができる
顎の骨の吸収を抑制することができる
天然歯に近い噛み心地を実現することが可能
デメリット
顎の骨にインプラント体を埋入する手術が必要
治療期間が長い
患者様の状態によっては、適応とならない場合がある

費用

※費用は税抜です。

金属床義歯

300,000円~

シリコンデンチャー

400,000円~

ノンクラスプデンチャー

250,000円~

マグネットデンチャー

お問合せください。

インプラントオーバーデンチャー

お問合せください。

  • 院長ブログ
  • ホワイトエッセンス スタッフブログ
  • スタッフ募集
  • T-POINT
  • ホワイトエッセンス
  • デントキュア
  • 歯科JOB