小児矯正

お子様の矯正のメリット

1.成長を利用した子供の時期にしかできない治療が可能

小児矯正の最も大きなメリットの1つが、顎の発育を治療に利用することで、簡単に短期間でできる場合があるということです。 大人になってから矯正するのと比べて、小児矯正では治療に顎の成長を利用できるので、比較的簡単な装置で治療を終えることが可能です。また、歯並びの改善だけでなく、歯並びに影響する日々の習慣や食生活などの指導も行っているので、正しい習慣を身に付けて健康な歯を維持して頂くこともできるようになります。当院では、月に1、2回矯正専門医が来て治療に当たっています。東大阪で小児矯正をお考えの方は、ご相談ください。

2.歯を抜かずに矯正できる可能性が高まります

永久歯が正しい位置に生えるスペースがない場合、小児矯正では、顎の成長や歯の生え変わりを利用して、新しく生える永久歯がまっすぐに生えるスペースを確保することができます。そのため、大人の矯正では歯を抜かざるを得ないようなケースでも、小児矯正では歯を抜かずにすむことが多々あります。患者様本来の歯を1本でも多く残すために、お子様のうちに矯正治療を受けられることをおすすめします。

3.定期的に通院して頂くのでむし歯の予防や早期発見が可能になります

 矯正治療中は定期的に通院して頂くことになりますので、矯正治療だけでなく、歯のクリーニングやフッ素塗布を行うことで、むし歯を予防することができます。また、万が一むし歯になってしまった場合でも早期発見が可能なので、歯を大きく削ったり抜いたりする必要がなく、大切なお子様の歯を保存して頂くことができます。そして、東大阪の当院ではブラッシング指導も行っていますので、お子様のうちに正しいケア方法を身に付け、大人になってからもむし歯や歯周病になりにくい口腔環境を作って頂くことができます。

いつはじめたらいいの?

お子様の健康な歯のために、矯正治療を受けさせてあげたいとお考えのご両親やご家族の方から、「いつ頃から矯正治療を始めればいいの?」というご質問を頂くことがあります。お子様の歯列矯正の場合、顎の骨の成長期に矯正治療を始めるのが良いのですが、わかりやすい目安としては、上下の前歯が永久歯に生え変わって少しでも歪んでいたり、おかしいと感じたりしたら矯正を始める時期とお考えください。この時期に矯正治療を始めると、歯が動きやすく、抜歯しないといけないケースが大幅に減少します。ただし、お子様によっても適切な時期が異なりますので、まずはカウンセリングにてご相談ください。

矯正治療にはどれくらいの期間がかかるの?

矯正治療の期間には個人差がありますが、治療を始めてから終了するまでに約2~3年かかります。そのため、お子様の場合、思春期に入る前に矯正を終えられるように治療を開始することをおすすめしています。

費用はどれくらいかかるの?

矯正治療を受けさせる上で気になることの1つに、「費用がどれぐらいかかるのか」ということがあるかと思います。当院ではお子様の矯正の場合、25~30万円(税抜)程度となっております。なお、当院では月々の負担を少なくし、患者様のペースに合わせてお支払いして頂けるデンタルローンを取り入れています。

矯正治療の種類

お子様の矯正治療では、取り外しが可能な矯正装置を使用しています。お子様の場合、体が成長するにつれて顎も成長していくので、矯正治療の進み具合や顎の発育状況をみながら、必要に応じて装置を変えていきます。

リンガルアーチ

歯の裏側に付けたブラケットにワイヤーを通して、歯を動かしていく装置です。歯の裏側に装着するので、装置が目立つようなことはありません。見た目を気にするお子様でも、安心して治療を受けて頂くことができます。ただし、お子様の歯の状態によっては使用できない場合もあります。

FKO

主に下顎の成長を促進する装置です。FKOは取り外し可能な装置ですが、適切な治療効果を得るためには1日10時間以上装着する必要がありますので、学校から帰ったらすぐに装着するなど、きちんと装着時間を守るようにしましょう。

急速拡大装置

上顎の歯列の幅を急速に広げる際に使用される装置です。装置の中央にある拡大ネジを調整することで、歯列を押し広げます。通常の矯正装置と比べて、比較的短い期間で治療を終えることが可能です。

床矯正

乳歯の時期、また、乳歯と永久歯が混合した混合歯列期に使用する装置です。主に就寝時に装着することで、顎を広げて歯がきちんと並ぶスペースを確保します。取り外し可能な装置ですので、矯正治療中もしっかりと歯を磨き、むし歯などの病気を予防して頂くことができます。

クワドヘリックス

主に上顎の歯列の横幅を広げる際に使用される装置です。臼歯に金属製のバンドを装着し、ワイヤーを使って歯列を拡大していきます。クワドとはラテン語で数字の4のことで、ワイヤー部分にヘリックス(らせん)構造が4つあることから、クワドヘリックスと呼ばれています。

バイヘリックス

主に下顎の歯列の横幅を広げる際に使用される装置です。臼歯に金属製のバンドを装着し、ワイヤーを使って歯列を拡大していきます。バイとはラテン語で数字の2のことで、ワイヤー部分にヘリックス(らせん)構造が2つあることから、バイヘリックスと呼ばれています。

ヘッドギア

顔や頭に装着する装置です。1日8時間以上装着することで、上顎の過度な前方への成長を抑制し、出っ歯などの不正咬合を改善に導きます。

フェイシャルマスク(上顎前方牽引装置)

額と顎に装置を装着し、その間にあるワイヤーで上顎を前方に牽引することで、反対咬合(受け口)などの不正咬合を改善に導く装置です。主に上顎の成長期のお子様に対して使用され、就寝時などに装着します。

タングクリブ

レジン床と金属のワイヤーで構成された装置です。主に、不正咬合の原因となる幼児の舌突出癖の防止を目的に使用されます。

マウスピース(プレオルソ)

マウスピース型の装置です。取り外し可能な装置ですので、矯正治療中もしっかりと歯を磨き、むし歯などの病気を予防して頂くことができます。学校から帰って家にいる間、そして就寝時などに装着することで、歯並びや噛み合わせの乱れなどを改善していきます。

費用

初診相談

無料

小児矯正

初診相談 無料
250,000円~(税抜)
矯正再診料(月1回) 2,000円(税抜)

  • 院長ブログ
  • ホワイトエッセンス スタッフブログ
  • スタッフ募集
  • T-POINT
  • ホワイトエッセンス
  • デントキュア
  • 歯科JOB