セラミック治療

セラミック治療とは

むし歯治療などで歯を削った時、一般的には保険適用内の金属の素材を用いて、削った部分に詰めたり被せたりします。しかし、保険適用の素材には耐久性が優れている、様々な部位で使用できるなどのメリットがあるものの、金属色が目立つ、また、金属アレルギーの原因となる場合があるなど、様々なデメリットもあります。
このように保険適用の素材による審美性の低下や、金属アレルギーなどのトラブルが心配な方には、セラミック治療がおすすめです。セラミック治療とは、天然歯に近い白さの素材であるセラミック(陶材)を詰め物(インレー)・被せ物(クラウン)に使用することで、口元の審美性を高めたり、金属アレルギーなどのトラブルを防いだりする方法です。すでにお口の中に入っている金属の詰め物・被せ物をセラミックに替えることもできますので、「銀歯が気になって、人前で口を開けて笑えない」などとお悩みであれば、お気軽にご相談ください。白く美しいセラミック素材のものに替えることで、そうしたお悩みを解決に導きます。銀歯や金属アレルギーが気になる方は、東大阪・八戸ノ里の当院までご相談ください。

保険適用の詰め物・被せ物
保険適用外の詰め物・被せ物

セラミック治療の種類

オールセラミック

セラミックのみで作製された詰め物・被せ物です。限りなく天然歯に近い白さを出すことができるため、お口に入れても審美性を損なうことはありません。前歯など、人目に付きやすい部位におすすめです。耐久性に優れていますが、金属は一切使用していないので、金属アレルギーの心配もありません。見た目にも体にも優しい素材です。

メリット
天然歯のような白さが出せる
耐久性に優れている
歯垢(プラーク)などの汚れが付着しにくい
変色することがない
金属アレルギーの心配がない
デメリット
保険適用の素材よりも費用がかかる
強い衝撃が加わると、割れることがある

ジルコニア

内側に人工ダイヤモンドなどにも使用されるジルコニアを使い、表面にセラミックを焼き付けた被せ物です。内側にジルコニアを使用しているため、高い透明感や耐久性を得ることができます。仕上がりの美しさを重視される方などにおすすめです。金属を一切使用しないので、金属アレルギーの心配もありません。

メリット
天然歯のような白さが出せる
透明度が高い
耐久性に非常に優れている
歯垢(プラーク)などの汚れが付着しにくい
変色することがない
金属アレルギーの心配がない
デメリット
保険適用の素材よりも費用がかかる
天然歯より硬度が高いため、噛み合わせる歯を傷つける可能性がある

メタルボンド

内側に金属を使用し、表側にセラミックを焼き付けた被せ物です。内側に金属を使用しているため、耐久性が高く、ほとんどの部位で使用することができます。

メリット
歯の表面を白くすることができる
耐久性が高い
ほとんどの部位で使用することができる
デメリット
オールセラミックと比べると、審美性は劣る
内側に金属を使用しているため、光の透過性は低い
内側に使用する金属の種類によっては、金属アレルギーの原因となる場合がある

CAD/CAM冠(硬質レジンジャケット冠)

ハイブリッドレジン(歯科用プラスチック)を、CAD/CAMシステムにより削り出して作製した被せ物です。2014年4月より、小臼歯が保険適用となりました。また、2016年4月の保険改正により、金属アレルギーを有する患者様に限り、大臼歯でも保険適用となりました。大臼歯に関しては、金属アレルギーである診断書が必要になりますが、まずは東大阪の当院までご相談ください。

メリット
箇所に制限はあるが、保険適用で白い歯を入れることができる
金属アレルギーの心配がない
オールセラミックには劣るものの、透明感を出すことができる
硬度が天然歯に近いので、噛み合わせる歯を傷つけにくい
デメリット
オールセラミックではないため、長期間使用し続けると変色することがある
長期間使用し続けると、すり減ったり割れたりすることがある
他の歯と色が合いにくい

ラミネートベニア

歯の表面をごくわずかだけ削り、そこにセラミックのシェルを貼り付けることで、歯を白くしたり、形を整えたりする方法です。ホワイトニングでは白くすることができない歯も、白く美しくすることが可能です。また、前歯の隙間など、軽度の歯並びの乱れを短期間で改善させることも可能です。

メリット
ホワイトニングでは白くすることができない歯も、白く美しくすることができる
すきっ歯など、軽度の歯並びの乱れを短期間で改善させることができる
デメリット
強い衝撃が加わると、割れたり欠けたりすることがある
歯を削らなくてはいけない

費用

オールセラミック

単冠(1本のみに適用):80,000円~(税抜)

セラミックインレー

50,000円~(税抜)

ジルコニア

100,000円~(税抜)

メタルボンド

90,000円~(税抜)

金属アレルギーの方へ

金属アレルギーとは、金属が体に接触することで起こるアレルギー反応です。金属アレルギーは、歯科治療で使用されている金属が原因となって引き起こされる場合があります。お口の中に入れた金属から金属イオンが溶出して、それが過剰に体内に取り込まれることで、様々なアレルギー反応が起こることがあります。そのためセラミック治療により金属の詰め物・被せ物を、オールセラミックなどの金属不使用の素材に替えることで、症状が改善する場合があります。
オールセラミックは一切金属を使用しておらず、生体親和性も高いので、見た目が美しいだけでなく、体にも優しい素材です。そして保険適用の素材でも、金属を使用していないCAD/CAM冠(硬質レジンジャケット冠)であれば、金属アレルギーの予防・症状改善をはかることが可能です。CAD/CAM冠は2014年4月より、小臼歯(4番、5番)が保険適用となっており、さらに2016年4月の保険改正により、金属アレルギーを有する患者様に限り、大臼歯でも保険適用となりました。

  • 院長ブログ
  • ホワイトエッセンス スタッフブログ
  • スタッフ募集
  • T-POINT
  • ホワイトエッセンス
  • デントキュア
  • 歯科JOB